同じお酒でも買取額が変わる!お酒をより高く買取業者に売るコツ

簡単なコツで買取額はアップする

不要になったお酒を買い取りに出す際に、ちょっとした作業を行ったり、少しだけ気を遣ったりするだけで、買取価格をアップさせることが可能です。
こうしたコツやポイントを知らなければ、確実に損をしてしまうでしょう。

決して難しいコツではなく手間もかからないため、お酒を買取業者に持って行ったり送ったりする前に、買取額アップのための作業を行うようにしてください。
そうすれば同じお酒でも、同じ買取業者に査定してもらったとしても、査定額や買取額をあげてもらうことができるはずです。

簡単なクリーニングを行ってから査定に出そう

最初に行いたいのは、ごくごく簡単なクリーニングです。

長期間置きっぱなしや、しまいっぱなしにされたお酒は、ホコリを被っているかもしれません。
そのまま買取に出すと保存状態が良くなかったと判断され査定額が下がる可能性が出てきてしまいます。
保管場所によってはホコリ以外の汚れがつくこともあるでしょう。
そうしたものも含めて綺麗に拭き取っておくと、査定額や買取額を上げてもらいやすくなります。

ホコリは、乾いた布巾などで軽く吹いて落とすようにしてください。
汚れに関しては、指で触れたり乾拭きなどで様子を見た上で、もし落ちそうであれば落としておきましょう。
ラベルの貼っていない瓶の部分は水拭きしても構いませんが、布巾や雑巾はよく絞り、ラベルやコルク等に水分がつかないように気を付けてください。

拭いても取れなさそうな汚れは、そのままで構いません。
ラベルは剥がれたり傷が付くと査定額ダウンの原因となるので、ラベル部分の汚れは取らないようにしましょう。

付属品をつけて査定に出そう

お酒の中でも特に高級品には、必ずと言っていいほど付属品が存在しています。
多くのお酒に付属しているのが、箱や袋です。
特に化粧箱は、それだけでも数千円から数万円の価値があるため、どこか別の場所に保管していないか必ずチェックしてから査定に出しましょう。

高級な洋酒には、替栓が付属していることも少なくありません。
替栓があれば数万円以上の上乗せは確実ですから、これも一緒に買取業者に持って行くようにしてください。
たまにグラスとセットになったお酒もあります。これも当然付属品の一部となるので、バラバラに売却することがないようにしましょう。

付属品なども、ホコリなどの軽い汚れであれば落としてから査定に出すと、買取金額の上乗せが期待できます。

お酒が複数の場合はまとめて査定に出そう

1本だけではなく、何本も売りたいお酒がある場合には、バラバラに売却するのではなく、できるだけまとめて査定に出すことをお勧めします。
買い取り本数が多いと、業者も査定額を上乗せしてくれることがあるのです。
いっぺんにたくさんのお酒が手に入るわけですから、業者としては多少高くなっても買い取りたいという心理が働きます。
個別に売るよりも、ずっと得をする可能性が高まるため、一気に査定してもらうようにしてください。

多くの業者では、買取対象となっていれば洋酒や和酒など別の種類のお酒が入り混じっていても、まとめて買い取ってくれます。
交渉も有利に進められるので、本数の多さを有効に活用するといいでしょう。

投稿を作成しました 16

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る