お酒買取業者なら焼酎も買取可能!高価買取が期待できる焼酎は?

焼酎はいくつかの業者を比較した方が良い

お酒の買取業者が買取対象としているお酒に焼酎があります。
焼酎は若い世代にも人気が出てきており、その価値や価格は上昇する傾向が見られます。
飲む予定のない焼酎があれば買い取りに出すべきですが、目についた業者を利用するのではなく、複数のお酒買取業者を比較し、その中からベストなところを選ぶように心がけましょう。

焼酎は種類も多く、プレミアのついているものも多く存在しています。
適正な査定額を弾き出すにはそうした知識が必要ですし、もし知識の少ない業者へ査定に出してしまうと、確実に損をしてしまうでしょう。
焼酎は流行に敏感で、時期によって買取価格も変わってくるため、より高額で買い取ってもらうためにも、いくつかの業者を比較してから買い取りに出さなければいけません。

高価買取が期待できる焼酎一覧

間違いなく高額で買い取ってもらえる焼酎をピックアップします。
所有しているなら、早めに現金化した方がいいかもしれません。

大人気焼酎3Mの一角「森伊蔵」

焼酎の中でも特に人気の銘柄3つを、その頭文字から“3M”と称することがあります。
その一角を担うのが森伊蔵酒造が作っている「森伊蔵」です。
フランクミュラーとのコラボレーション焼酎は5〜6万円の買取価格が期待できます。
同様の額となりそうなのは「錦江」や「同期の桜」や「あ々玉杯の同期」などです。

「魔王」の古酒は特に人気

こちらも3Mの一角となす「魔王」ですが、「長期熟成古酒」は特に高額買取が期待でき、3万円前後で買い取ってもらうことができます。

バカラボトルが存在する「百年の孤独」

バカラ製のボトルに入れられているお酒は軒並み高額で取引されますが、「百年の孤独」にもこれがあり、お酒の買取業者に持っていけば10万円以上で引き取ってもらえます。

古ければ古いものほど高額買取必至の古酒「かねやま」

山川酒造の「かねやま」は古酒として流通しており、20年の貯蔵期間を超えるあたりから値が跳ね上がります。
30年貯蔵の「かねやま」は3万円を超えてくるでしょう。

投稿を作成しました 16

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る