日本酒を買取してもらう前の注意と高価買取が期待できる日本酒

日本酒は買取を行っていない業者もあるので注意

日本酒は銘柄によっては高値で取引され、多くのお酒買取業者も査定や買取サービスを行っています。
しかし、中には日本酒を取り扱っていない業者も存在しているため、日本酒を売ろうと思った際には事前にしっかりと確認しておきましょう。

日本酒を取り扱っていない業者があるのは、決してこの分野のお酒の需要や人気がないわけではありません。
査定や買取の際には正しい鑑定を行わなければいけませんが、日本酒は種類も多く珍しい銘柄もあり価格の流動性も高いため、専門知識を習得するのが容易ではないのです。
日本酒の専門知識を持つスタッフを抱えることができずに、決して多くはありませんが、洋酒のみの取り扱いに専念している業者も存在しているのが現状です。

日本酒を買い取ってくれるお酒買い取り業者

お酒買取業者の中でも、日本酒を確実に査定し買い取ってくれる業者を紹介しましょう。

買取価格もサービス水準も高い「ファイブニーズ」

買取品目の幅広さにも定評のあるお酒専門の買取業者で、もちろん日本酒の買取サービスも行っています。
買取実績も多く、高額買取や査定スピードやスタッフの対応などに関してもかなり高い評価を得ているので、不安なく日本酒を売却することができるでしょう。
査定方法や買取方法も豊富に用意しており、サービスの良さも感じられるはずです。

オークション代行まで行う「レッドバッカス」

プレミアのつく日本酒の買取に対応しており、“上乗せ査定”と呼ばれる独自の査定サービスを採用している買取業者です。
全国対応なので、どこに住んでいても利用することができます。
買取の他にオークションへの出品も代行しており、売却方法の幅が広い点が利用のメリットとなっています。

日本酒全ての買取に対応している「ジョイラボ」

主要都市に店舗を持ち、宅配買取や出張買取にも対応している業者で、日本酒なら何でも査定対象となっています。
価値がよくわからないものがあれば相談してみましょう。査定やキャンセルや配送などに料金は一切かかりません。

高価買取が期待できる日本酒

日本酒に中には価値が高いものと、さほど価値がつかないものがあります。
高額査定及び買取が期待できる日本酒をリストアップしてみましょう。

高級日本酒と言えば「十四代」

日本酒の中でも特に高額買取の対象となるのが「十四代」です。
この中の「龍泉」は25〜30万円と、日本酒では考えられないほどの価格で買い取ってもらえます。
「龍月」も10万円以上の価格となるのは間違いありません。

安定の高額買取となる「黒龍」

爆発的な高価格で取引されることはほとんどないものの、「黒龍」は安定して高い金額で売却することが可能です。
「しずく」や「石田屋 純米大吟醸」は1〜2万円の査定額がつき、業者次第ではそれ以上の金額になる可能性もあります。

種類が多く人気も高い「磯自慢」

「磯自慢 純米大吟醸中取り35 Adagio」は2〜3万円ほどで、「磯自慢 中どり 純米大吟醸35」は2万円ほどで買い取ってもらうことができるでしょう。
「磯自慢」は1万円以上の買取価格となる種類が多く、自宅にあればもれなく良いお値段で引き取ってもらえるはずです。

投稿を作成しました 16

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る