お酒買取業者の主な酒買取の方法まとめ

店頭でお酒を買取してもらう

お酒の買取業者の利用の際に、最も早く手持ちのお酒を現金に換えられる買取方法が「店頭買取」です。
その名称の通り、それぞれの買取業者の店頭へとお酒を持って行くことで買い取ってもらえる方法になります。

店頭買取のメリットは、スピード感の他に、直接交渉が可能な点が挙げられます。
スタッフの方に直接査定してもらえるため、ここで交渉が上手くいけば、買取価格の多少のアップは望めるのではないでしょうか。

注意点は、どの業者も店舗数が非常に少ないことでしょう。全国に10店舗以上構えている業者は少なく、1店舗や2店舗しかない業者も少なくありません。
近くに店舗がなければ店頭買取を利用するのは難しいため、業者を変更するか、他の方法での買取を利用するしかなくなってしまいます。

ネットで査定してもらう方法

店頭に直接持っていき、そこで出してもらった査定額に必ずしも納得できるとは限らないでしょう。労力をできるだけかけずに査定額を知る方法として、ネットによる査定があります。
最近ではどの買取業者も、このネット査定を取り入れているので、ぜひ積極的に利用してください。

ネット査定には主に「オンライン査定」と「メール査定」と「LINE査定」があります。
オンライン査定は、業者のサイトに専用フォームが用意されており、そこに必要事項を記入し、お酒の写真をアップロードして送信し査定してもらう方法です。
メール査定はメールでお酒の情報を写真とともに送信する方法で、LINE査定はメッセージアプリのLINEを活用し、同様にお酒の情報や写真を送ることで査定してもらうことができます。

宅配買取・出張買取などでお酒を送る

買取方法に関してですが、最初に説明した店頭買取の他に、「宅配買取」「出張買取」も存在しています。利用しやすい方法を選択してみましょう。

宅配買取は、お酒を売りたい人が買取業者の店舗やオフィスなどにお酒を宅配で送り、査定と買取取引を行ってもらう方法です。
お酒の梱包などには多少手間はかかるものの、自宅から出る必要がないので、出不精な人や自宅近くに店舗がない人にとっては非常に便利な方法となるでしょう。

出張買取は、売りたい側が指定した場所に業者のスタッフを呼び寄せ、直接お酒を買い取ってもらう方法です。
こちらも宅配買取同様に自宅から出る必要はありませんが、梱包などの手間もなく、また、スタッフと直接交渉が行えるという利点があります。
自宅だけではなく事務所や倉庫などにも出張してもらえますし、どの業者も買取が成立した時点で現金を直接渡してくれますから、メリットを感じられる人も多い方法です。

投稿を作成しました 16

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る