お酒を売る前の注意!お酒買取業者を利用するメリットとデメリット

お酒の買取業者を利用するメリット・デメリットまとめ

家に眠らせているお酒を売る方法で、多くの人がまず思いつくのが、お酒を取り扱う買取業者の利用でしょう。
このサービスの知名度が上がるにつれ、利用者も買取業者の数も増えてきています。
ただ、お酒の買取業者のお世話になったことがない人にとっては、この方法での売却のメリットとデメリットが気になるのも当然かもしれません。

お酒の買取業者の利用の他に、これも多くの人が思いつくであろう、ネットオークションの利用も選択肢の一つとなるでしょう。
オークションにももちろんメリットとデメリットがあるのですが、買取業者とオークションのどちらを利用するのかは、両者の利点と欠点を把握・認識し整理した上で決断するべきです。

梱包の手間などがかからない

お酒の買取業者を利用するメリットであり、ネットオークションよりも明らかに有利となる点は、梱包などの手間がかからないことです。
買取業者の利用でも宅配買取を選択するとお酒を梱包する必要が出てきますが、店頭買取や出張買取であれば、面倒な梱包や配送を行う必要は一切ありません。

ネットオークションは面識のない一般人との取引となるため、より丁寧な梱包と配送が求められます。
神経も使いますし、もし何かあった時にはこちら側の責任になることが多いので、手間とともにリスクも認識しておく必要が出てくるでしょう。

買取業者の利用であれば、宅配買取を選択した場合でも専用のキットを業者が用意してくれますし、業者側で保険にも加入しているため、配送中の事故などに見舞われても補償してくれます。

オークションなどと比べるとリスクはほぼない

梱包の手間とともにリスクについても触れましたが、ネットオークションでお酒を売るリスクは他にもあり、決して見逃すことはできません。

継続的なオークション転売を無免許で行うと摘発されるリスクが生じますし、営利目的で転売していれば生活用動産の販売とは認められず、ちょっとした金額でも所得税の課税対象とされてしまうこともあります。

お酒の買取業者との取引ならそうしたリスクが避けられるとともに、業者の運営元などもはっきりしているので、見ず知らずの他人と取引をしなければならないネットオークションよりも、トラブルに発展するリスクを抑えることができるでしょう。

“リスク回避”の一点を見たときには、買取専門業者を利用した方が、メリットが大きくデメリットを最小限にできると言えそうです。

オークションに出品する方が高値で売れる場合が多い

お酒の買取業者の利用と、お酒をネットオークションで売る方法を比較したとき、もしオークション利用によりメリットがあるとすれば、高値で売れるケースがある点でしょう。

オークションの最大の魅力は、多くの人がオークションに参加し、落札競争により値が釣り上がる点です。
また、お酒のコレクターも酒屋さんやお酒専門店で買うよりもオークションの方が安く購入できる可能性が高いと考え参加してきますし、しかし売る側からすればコレクターなどに直接売却できるため、買取業者に売るよりも高い金額で落札されることが多いのです。

あくまでも、高値で売れるケースがあるというだけで、100%そうではない点には注意が必要でしょう。
また、これはネットオークションのメリットであり、買取業者利用のデメリットというわけではないので、ここにも認識しておかなければいけません。

投稿を作成しました 16

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る