お酒の転売は違法?オークションなどでのお酒転売と免許について

お酒の転売は稼げる可能性が高い

世の中にはあらゆるモノに対するマニアやコレクターがいますが、お酒もその一つであり、しかもこのお酒は世界中にコレクターなどが存在している非常にグローバルな商品です。
つまり、お酒に関連した商売は稼げる可能性が高いのです。
一般の人でも、お酒を入手しそれを販売することができます。
その方法の一つにネットオークションがあるのですが、これによりお酒を転売すれば、ある程度の収入を得ることも難しくはないでしょう。

酒屋さんだけではなく、ネットオークションによってレアなアイテムを手に入れ、それを再びネットオークションで転売し、利益を得ている人もいます。
お酒の種類によっては海外から仕入れ、それを日本人相手にオークションで販売している人もいるなど、そのスタイルは様々ありますが、お酒の転売で稼げることは間違いありません。

多くの人々を魅了し、時の流れとともに価値も上がりやすいのがお酒ですから、投資や商売の対象となるのは必然でしょう。

お酒の転売は違法か?

お酒の転売は稼げる可能性がかなりあるものの、間違った転売方法を実践してしまうと、法律に違反してしまうリスクがあります。
お酒や法律などに詳しくないと考えたことすらないかもしれませんが、お酒の転売は「酒税法」に引っかかってしまう可能性が出てくるのです。

一般の人に少しわかりにくいのは、お酒の転売が必ずしも違法になるとは限らない点です。
実際にネットオークションでお酒に関する出品を見てみると、山ほどの商品が並べられていることがわかります。
これらが全て違法であれば、まさにネットオークションは無法地帯と言えるでしょう。
しかし、その全てが摘発されているわけでもありませんし、それらがオークションの運営会社によって日々取り消されているわけでもありません。

ここがこの酒税法の少し曖昧な部分ではあるのですが、とりあえずは、お酒の転売が全て違法になるわけではなく、“場合によっては問題となるケースがある”と認識しておくといいでしょう。

「酒類販売業」として該当するかがポイント

では、具体的にどのようなケースに該当すると、お酒の転売が酒税法に抵触し違法となってしまうのでしょうか。
ネットオークションにお酒を出品する人が、“酒類販売業者”であるかどうかが一つの重要な注目点となってきます。

酒類販売業者と判断されるポイントは、インターネットオークションを通じて「酒類販売業」を行っているかどうかです。
もし酒類販売業を営むのであれば、税務署にその旨を申請し、それに必要な免許を受け取ってからでなければ、お酒などを販売することができません。

つまり違法になるのは、酒類販売業を無免許・無許可で営んでいるケースであると言えるでしょう。

継続して販売をすると該当する可能性あり

ここまでの説明で、もしかしたら新たな疑問を持った人もいるかもしれません。
そもそも、「酒類販売業者」と“お酒を転売している人”の違いは何か、という点についてです。

これは、“継続してお酒を販売しているかどうか”が重要になってきます。
つまり、継続的にお酒をインターネットオークションに出品し取引を行っていれば、その人や業者は「酒類販売業者」であると考えられ、もし無免許でその行為を行っていたのであれば、酒税法により摘発され罰せられることになるわけです。

言い換えれば、友人や知人からプレゼントとして受け取ったり、あるいは自分で購入したお酒であっても、単発でネットオークションに出品するケースでは、継続的にお酒を販売しているわけではないため違法とは言えず、特に問題はないということになります。
例え利益を得る目的で販売していても、継続して販売していなければ酒類販売業とは判断されず、法律に違反したとして摘発されることもありません。

“継続して”という部分に対して、「どのくらいの頻度や期間のことを指しているのか」という疑問も浮かんでくるかもしれませんが、これに関して明確な定義やルールは存在していないのが現状です。
数回程度であれば違法とはならないので、もし転売するにしても、その程度に抑えておけば安心でしょう。

無免許で摘発されたケースも存在

必要な免許を取得していないにもかかわらず、継続的にお酒をネットオークションで販売すれば、上で紹介したように酒税法に抵触し、摘発されるケースが出てきます。
最近では特にネットによる転売ビジネスが横行しているため、国税局もこの摘発に力を入れているようです。

個人のみならず、業者でも無免許でお酒を転売していれば摘発対象となります。
リサイクル会社が同行為により酒税法違反で摘発されたケースも実際に存在していることは知っておくべきでしょう。
摘発件数は年々増えているため、もしネットオークションでのお酒の転売を検討している人は、注意しながら出品するようにしてください。

ちなみに、無免許でお酒の販売を継続し摘発されると、1年以下の懲役か50万円以下の罰金を命ぜられる可能性が出てきます。
利益を得るつもりが、逆にこれだけの罰を受けてしまったら意味がありません。
違法と合法の境目が少々曖昧だからこそ、あまり過剰に転売しないことを心がけておく必要がありそうです。

投稿を作成しました 16

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る