保管状態が悪いお酒は買取額がダウン!お酒の保管方法について

お酒の保管状態が悪すぎると買取額が下がる場合も

お酒の買い取りサービスを提供している業者は、一般の人が持ち込んできたお酒の保管状態をとても気にします。
保管状態が悪ければ、開栓していなくても中身が著しく劣化している可能性が高いためです。
中身が劣化していても高額買取が期待できるのは、それこそ世の中に少数しか残っていないとても古く貴重なお酒や限定品などに限られます。
それ以外のものは、保管状態が悪ければ悪いほど、それに比例するように買取金額が下がると思っておくベきでしょう。

もし今すぐに手持ちのお酒を売るかどうか決断できないのであれば、お酒の保管方法には十分に気を付けるようにしてください。
新しいお酒を手に入れた際にも、丁寧な保管を心がけなければいけません。

どのお酒でも、急な温度変化は避けよう

持っているお酒や購入したお酒、あるいは貰ったお酒がどんな種類のものであっても、注意しなければならないのが急激な温度変化です。
お酒は温度の変化にとても弱いため、季節の変わり目などには特に注意し、こまめに保管場所を変えるなど気を遣うようにしてください。

温度変化と当時に、湿度の変化にも気を付けましょう。これもお酒の劣化の要因となり得ます。
日本は季節や天気によって湿度が大幅に変わるので、やはりこまめに保管場所を変えるなり湿度の調整を行うなどして、できるだけ劣化しないよう心がけたいものです。

【種類別】お酒の保管方法

ここからは、お酒の種類ごとの保管方法を見ていきましょう。
家庭などの状況により難しいケースもあるかもしれませんが、買取価格を下げないためには、できるだけ正しい保管の仕方を心がける必要があります。

ワインの保管方法

ワインは、冷暗所に保管するのが基本です。
冷やして飲むと美味しいものも多いですが、長期間保管する場合には冷蔵室など温度が極端に下がる場所は避けるべきでしょう。
ワインセラーがない場合にはボトルを新聞紙などで巻き、冷蔵室ではなく、冷蔵庫の野菜室に置いておいてください。
その際、コルクの乾燥を避けるため栓の部分をラップで包み、できる限り寝かせて保管しておきましょう。

ブランデー・ウイスキーの保管方法

ブランデーとウイスキーも、冷暗所に保管するようにしましょう。
ただし、冷蔵庫に入れて保管する方法は避けてください。野菜室も避けた方がいいでしょう。
また、“パラフィルム”と呼ばれるテープで栓の周囲を囲っておくと空気が入りにくくなり、良い保存状態を長く保つことができるようになります。

焼酎の保管方法

焼酎も他のお酒と同様に、温度や湿度の変化ができるだけ少ない場所に保管しておきましょう。
さらに注意したいのが振動です。冷蔵庫などに入れると開け閉めのたびに振動が発生し、それが焼酎の劣化に繋がってしまうため、温度と湿度に注意しつつ押入れなどあまり開閉しない場所に閉まっておくと、劣化を遅らせることができます。

日本酒の保管方法

日本酒に関しては、その種類によってさらに保管方法が分かれる点が少々厄介です。
吟醸酒は、そもそもが低温状態で発酵され作られているため、保管するときにも低温に保つことを意識してください。冷蔵庫に保管しても問題ありません。
純米酒や本醸造酒に関しては、冷蔵庫ではなく、光が当たらず涼しい場所に保管するのが基本です。
どちらも新聞紙などに包み、縦置きで保管するようにしましょう。

日本酒は管理が難しいので早めに売ろう

各種お酒の保管方法を説明しましたが、特に日本酒に関しては種類や製造方法ごとに保管や保存の仕方が変わり、多くの知識が必要であることもわかったのではないでしょうか。

日本酒はお酒の中でも管理が難しいと言われており、また、間違った方法で保管してしまうと、急激に劣化するものでもあります。
賞味期限こそ記載されていないものが多いものの、多くの日本酒が製造から1年以内に飲まないと美味しく味わえないとされており、それだけ味の変化が他のお酒と比べても激しいと言えるでしょう。

ワインやブランデーやウイスキーのような洋酒であれば家庭で長期間保存することにも耐えられますが、日本酒に関してはそうもいかないため、どうせ売るのであれば早めに買取業者に渡した方が、高く買い取ってもらうことができるはずです。

投稿を作成しました 17

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る