賞味期限が切れているお酒も買取可能?お酒の賞味期限について

賞味期限は設定されているお酒とそうでないお酒がある

お酒をよく飲む人は、賞味期限があるものとないものが存在していることに気付いているかもしれません。
そうです、お酒には賞味期限が設定され、それが缶やボトルなどに記載されているものと、そうした記載が一切ないものが存在しているのです。

お酒を売りに出そうとしたとき、ふと、この賞味期限が気になる人もいるかもしれません。
あるいは消費期限が気になる人もいるでしょう。
ざっと説明しておきますが、賞味期限は、その商品が美味しく飲食できる期間のことであり、消費期限は、その商品を安全に飲食できる期間のことを指しています。
賞味期限が切れていても安全に飲食できることが多いですが、味が落ちることは間違いありません。
消費期限が切れていたらお腹を壊してしまう恐れがあるので、口にするのは避けましょう。

お酒には賞味期限だけではなく消費期限が記載されているものもあります。
お酒を売りに出す前に、もう一度それぞれの記載を確認しておきましょう。

お酒は全体的に賞味期限を設定していないものが多く古くなっても飲める

お酒の買取業者に査定してもらおうと考えているお酒には、賞味期限や消費期限の記載がないものが多いのではないでしょうか。
そもそも、お酒にはこれらが設定されていないものが多く、お酒の買い取りサービスを行っている業者の取り扱い対象となっている種類には、そのほとんどに賞味期限や消費期限の記載はありません。

お酒はアルコールを含んでいますが、アルコール度数が一定の度合いを超えると、菌が繁殖せず、いわゆる腐った状態にはならないため、多くのお酒には賞味期限等が設定されていないのです。

したがって、ほとんどのアルコール飲料は、製造や瓶詰めから年月が経ち古くなっていても飲むことができます。
賞味期限の記載がなければ、それは買い取ってもらえるものと考えて問題ないでしょう。

賞味期限はなくても飲み頃はある

その商品が美味しく飲める時期を表している賞味期限ですが、これが設定されていないお酒であっても“飲み頃”は存在しています。
それを過ぎれば風味が次第に落ちていき、価値もなくなっていってしまうのです。

栓を一切開けていなくても、お酒は必ず空気に触れています。
また、太陽光などが当たることでも瓶内で味わいが変化し、徐々に飲み頃に向かっていったり、それが過ぎれば風味を失っていくのです。

飲み頃はお酒の種類によっても異なれば、保管状態によっても異なります。
もし飲み頃の判断が難しいようなら、早めに買取業者に売却した方が、少なくとも損をせずに不要なお酒を処分することができるでしょう。

賞味期限の設定があるビール・日本酒などは買取してもらえないことも

アルコール度数が10度を超えると、菌が繁殖しにくくなるとされています。
ビールの多くはアルコール度数が5度前後のため、これに当てはまりません。そのため、ほとんどのビールには賞味期限が記載されており、製造からおよそ9ヶ月後にこれが設定されています。
また、日本酒に関しても、原料や製造方法によって若干違いはあるものの、美味しく飲める時期がある程度決まっています。
長くても製造から1年ほどが日本酒の賞味期限と考えて問題ないでしょう。

こうしたビールや日本酒などを買取対象としていない業者も少なくありません。
もし商品に賞味期限の記載があり、それを過ぎていれば、取り扱い対象としている業者でも買い取ってもらうことはまず不可能です。
日本酒の場合、賞味期限の記載がなくても、製造日から時間が経っていれば買取対象外となってしまいます。

査定日が伸びれば伸びるほど価格が下がってしまうため、不要なビールや日本酒が家などにある場合は、1日でも早めに買い取ってもらうようにしてください。

投稿を作成しました 16

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る