古酒の高級品は価値が高い!高価買取が期待できるブランデーは?

ブランデーは古くても価値がつく可能性あり

お酒にあまり詳しくない人や知識を持っていない人は、自宅に古いブランデーを見つけた際に、「これは捨てるしかないだろう」と思ってしまいがちです。
その考えは間違っているため、少なくとも「捨てる」という選択肢を今すぐに捨てるべきでしょう。

ブランデーは古いものでも価値がつく可能性が大いにあります。
ブランデーというお酒は非常にアルコール度数が高く、劣化しにくいという性質を持っています。
何十年も前のものであってもよほど過酷な環境下に置かれていない限り大きな劣化はなく、美味しく飲むことができるのです。

このような理由から、古くてもお酒の買取業者に売ることができるので、捨ててしまったり専門外のリサイクルショップなどに持って行ったりするのではなく、お酒買取業者へと持ち込んで買い取ってもらうようにしましょう。

古酒の高級ブランデーは特に価値が高い

ブランデーには、非常に高値で取引される高級品がいくつもあります。
そのような高級ブランデーは、古ければ古いほど価値が上がることも珍しくなく、買取価格もかなり高額になる可能性を秘めています。

高級ブランデーですから高く買い取ってもらえるのは当然なのですが、古酒となると、通常価格の何倍や何十倍もの金額に跳ね上がることも珍しくありません。
古ければ古いほど、稀少性が高くなるためです。

古いブランデーは飲まれてしまっていたり、コレクターなどが市場に流通させなかったり、あるいはすでに終売となっていて新製品が出てこないケースもあることから、需要に対して供給が極端に少なく、価値や買取価格が高くなるのです。

自宅にブランデーがあるなら、銘柄や年代をチェックし、プロに査定してもらいましょう。
思わぬ高値で売れるかもしれません。

高価買取が期待できる高級ブランデー

高級且つ稀少性の高さから、買取価格が高額になるブランデーを紹介していきます。

日本人も大好きなコニャック「ヘネシー」

フランスの高級ブランデーである「ヘネシー」は、お酒の買取市場でも非常に人気が高いため、高価買取の実現は間違いありません。
特に「リシャール」は古酒が混ぜられており、買取価格も15万円以上と、希少価値の高いブランデーとなっています。

最高級ブランデーの「レミーマルタン」

ブランデー好きなら誰もが憧れる「レミーマルタン」の中でも、「ルイ13世」の価値の高さは別格です。
「レア・カスク」シリーズや「ブラックパール」のシリーズは100万円前後で買い取っている業者が多く、状態等によっては200万円近くの値がつくこともあります。

150年以上の伝統を守り続ける「カミュ」

古酒は歴史のあるメーカーからしか生まれませんが、「カミュ」はまさにブランデーの中では非常に長い歴史を持つ銘柄の一つです。
「カミュ キュヴェ」は特に高級品として知られており、買取価格が20万円を超えるものもあります。

投稿を作成しました 16

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る