どこの業者がいいの?高価買取のお酒買取業者を選ぶコツ

おおよその買取額を公開している業者を選ぼう

損をしないためにも、何よりもできるだけ高く買い取ってもらうためにも、お酒の買取業者は丁寧に選ばなければいけません。

お酒の買取業者を選ぶ際には、それぞれのお酒のおおよその買取額を公開しているかどうかを、まずはチェックしてみましょう。
買い取った全てのお酒の価格をオープンにしている必要はありませんが、ワインやブランデーやウイスキーなど、主要なお酒の中でいくつかの銘柄の買取価格を公開していれば、信頼性が上がるとともに、業者同士の比較もしやすくなります。
これは、下限や上限の額でも構いません。
相場だけでもオープンにしていれば、その業者の考え方や得意分野がわかってきます。

そもそも、買取額を公開している業者は、その価格の付け方に自信があると捉えることができるでしょう。
他の業者よりも極端に低い金額でしか買い取らない業者が、わざわざ査定額や買取価格をオープンにするはずもありません。
つまり買取額を公開している業者を選択すれば、公開されていない銘柄でも高く買い取ってもらえる可能性が高まるのです。

買い取り実績数やホームページがあるかチェック

買取価格も含め、買取実績に関することを、オフィシャルのホームページに掲載しているかどうかもチェックしてみてください。
そもそもホームページのない業者は避けるべきです。
チラシやまとめ系のサイトなどで名前を知った業者に関しては、まずオフィシャルHPがあることを確認しておきましょう。

過去に買い取ったお酒の数が多い業者は、それだけ顧客を抱え、信頼度も高いと考えられます。
多くの人がその業者にお酒を持ち込み買い取ってもらっている証拠ですから、買取価格も実績の少ない業者より高くなりやすいでしょう。

買取数とともに、買い取った銘柄や傾向などもチェックしてみてください。
ワインが多ければワインの買い取りが得意なのかもしれません。特定の銘柄を多く取り扱っていれば、それに関しての買取価格は、どこよりも高いからこそ売る人が多いとも考えられます。

少し面倒な作業になるかもしれませんが、より高額で買い取ってもらうためには必要な作業となるでしょう。

販売ルートが確立されている業者は高価買取が期待できる

業者によっては、買い取ったお酒の販売ルートをホームページなどで紹介しているところもあります。これもぜひチェックしておいてください。

業者独自の販売ルートが確立されていると、業者自身が買い取ったお酒を高く転売できるため、そのぶん元々の買取価格も高めに設定することが可能となります。余計なマージンの発生を抑えられるためです。
ここは一般の人からは見えにくいところなのですが、だからこそ販売や転売のルートをオープンにしている業者は信頼しやすくなります。
特に、コレクターやレストランなどにダイレクトで販売可能なルートを持っている買取業者は、高額買取が期待できるでしょう。

もし公開していなければ、査定の際に尋ねてみるのもいいかもしれません。
販売ルートが確立されていれば、どのようなお酒でも売る価値が出てくるはずです。

投稿を作成しました 16

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る