お酒買取業者や転売の注意点、高く買い取ってもらうポイントを解説

記事を読む

【目的別】不要になったお酒の売り方教えます!【買取】

お酒を売りたい・買取してほしい場合はどこで売ればいい?

自分の家に飲んでいないお酒が眠っているという人は、意外と多いのではないでしょうか。
いつか飲もうと思い購入したお酒がそのままになっていたり、あるいはプレゼントなどでいただいたけれども飲むタイミングを逸してしまっているものなど、何かしらのお酒が棚や押入れや納戸などに置いてある家は少なくないはずです。

飲む予定がないなら、そのお酒は売りに出すべきでしょう。
そうすればお酒はお金へと換わり、売った方にも買った方にもメリットが発生します。誰も損をすることはありません。

では、余ったお酒はどこで売ればいいのでしょうか。
お酒を売った経験がなければ、その手段すらもわからないかもしれません。

お酒買取業者へ売る
ネットオークションへ出品する
・ネット上のフリマサイトへ出品する
・ガレージショップやフリーマーケットやバザーなどで売る
・友人や知人へ売る

お酒の売り方として、以上の5つが主に考えられるでしょう。この中からどれかを選択し、現金へと換えるのが一般的です。

もらいものや余ったお酒を売りたいケース

プレンゼントや何かで誰かから受け取ったお酒や、自分や家族が買ったけれども結局飲まなかったお酒を売る方法を5つ紹介しましたが、どれか1つを選択するとすれば、お酒の買い取りを専門としている業者を利用するのが、最も確実且つ手っ取り早い方法となるでしょう。

お酒の買い取りを日々行っているプロフェッショナルに引き取ってもらうわけですから安心感がありますし、信頼できる業者を選択することで、売る側も確実に得します。
特にいただき物は、その価値を把握してから売らなければ損をする可能性が出てきてしまいます。
専門家に鑑定も兼ねて相談すれば、損をせずに、正しい価値で現金化できるのです。

他の方法は相手が個人となることが大半ですから、特別な事情がない限りは、まずお酒の買取業者へとコンタクトを取り、持っているお酒の査定などを依頼する方法を選ぶべきでしょう。

お酒を転売して稼ぎたいケース

「どうせお酒を売るなら、できるだけ高い金額で売りたい」と考える人や、「持っているお酒の本数が多いので、それぞれを転売してしっかりとお金を稼ぎたい」などと考えているのであれば、ネットオークションの利用をおすすめします。

場合によっては買取業者に売ってしまうよりも高値で売れる可能性があり、複数のお酒を個別に販売できる点にもメリットがあるためです。
お酒を売却したいと考える人の中には、「処分したい」と考える人と「利益を得たい」と考える人がいますが、後者の目的の方が大きいのであれば、やはりネットを通じたオークションに出した方がメリットが得られやすいのかもしれません。

オークションの注意点

お酒の買い取りを専門としている業者に売るよりもオークションを利用した方が高く売れる可能性があるなら、オークションを選択したいと考える人も出てくるでしょう。
ただし、このオークションの利用にはいくつかの注意点があります。
もしお酒をネットオークションに出品して利益を得ることを検討しているのであれば、その注意点をあらかじめ知っておかなければいけません。

・ネットオークションでお金を稼ぐと納税義務が発生することがある
・お酒の販売は法律に違反する可能性がある
・落札者との間でトラブルに発展するケースがある
・お酒の価値を知らないと損をする可能性がある

ネットオークションを利用してお酒を手放す方法の注意点は、こんなところでしょうか。
もちろん必ずこうした問題やトラブルが発生するとは限らず、条件次第で該当したりしなかったりするものもあります。
ただ、その可能性があることについてはしっかりと認識・理解し、オークションへと出品する必要が出てくるでしょう。

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る